Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

ローブ・ア・ラ・フランセーズについて

Robe A La Franneaise

1700年頃~フランス革命の起こる1800年頃までヨーロッパの姫や貴婦人たちが着ていたドレスです

ポンパドゥール夫人やマリーアントワネットが生きた時代です

ローブ・ア・ラ・フランセーズ最大の特徴は締まった腰、左右にのみ張り出したスカートと背中のタック・豪華な三角の胸当て(ストマッカー)です

大きな模様のある布地を使う場合は左右の柄が対象になるように柄合わせをし、ソデなど布をつぐ時も柄が途切れないように必ず柄合わせをしてありました

そのため、布量は半端無く必要でした

ドレスは、ローブ・ストマッカー(ピエスデストマ)・ペチコートスカートで構成され

中にシュミーズ・ステイズ(コルセット)偽の腰(パニエ)を着用していました

驚くことにストマッカー(胸当て)の多くは着用のたびに糸で縫いつけたりピンを刺して留めていました

そのため、着用には数人の手が必要であり、相当な貴婦人方しか着る事が出来ませんでした

また、そのドレスも何度も着用する訳では無く 次々と流行を追い求めて仕立てられ、数回着ただけのドレスは侍女達へと回っていくのでした

フランス革命が近付く頃には宮廷服だったようで、少しずつモスリンのエンパイアドレスように綿の楽なドレスが主流になっていきます

簡単に 完成までと 細部を載せていますので ご覧下さい

※新作を「NEW!新作 Topic!」 と 「ブログ(blog)」にて掲載にています